福岡・高砂の名店で美味しい寿司を。贅沢な時間を味わいたい方におすすめ

092-531-2311

初めての方へ

伝え継ぐ者として

市内中心部から少し離れた福岡市中央区高砂で、
“寿司”の古き良き歴史を守り続ける「すし 幸徳(スシ コウトク)」。
当店では、昔ながらの上質な食材を用い、
昔ながらの道具や技法で店主が納得できる寿司のみを、
皆様へご提供しております。
また昔からの寿司の歴史を、本当に美味しいものとして守り継ぎ、伝え続けてまいります。
「すし 幸徳」の心をぜひ、体感しにいらしてください。

突き詰めて 対峙した始源
お客様に自信をもって提供できるもの、
本当に良質なものを探し求めて出会ったのが、
昔ながらの製法や栽培法で作られる食材でした。
精製過程において機械が入らず、
その一切を人の手で行う天日塩。
農薬や人工肥料に頼らず、自然栽培で育てられるササニシキ。
上質なものを追い求めた結果、
昔ながらの自然なものを採り入れた、
今の幸徳の寿司に辿り着きました。
シャリ
わらいずみや鮫皮おろしを使用し、
素材の旨味を逃すことのない、昔ながらの技法で。
また握りは、手数を減らした独自の本手返しで。
極力、素材に触れる時間を短くするよう心掛けております。
当店では、本当に質の良いものをご提供するために一切の妥協をせず、
素材を存分に活かせる方法で特別な一貫を握ります。
わさび

食材へのこだわり

特別な時間を 格別な空間で

カウンター

map

本当にいいものを食べるとき、お店の空間次第で、
より一層美味しく感じることができるものです。
当店は、特別な時間をお過ごしいただきたく、
雰囲気ある洗練された空間をご用意しております。
寿司と向き合うひとときを、
存分にお楽しみいただければ幸いです。
コースのお品書き

オーナー

店主 森下 幸徳

1976年生まれ。広島県出身の店主、森下 幸徳。
中学生の頃に寿司の道に進むことを決め、
10代で福岡・中洲で修業を始めました。
10年以上さまざまな場所で技術を学び、
28歳の頃に、大野城にて「すし 幸徳(スシ コウトク)」をオープンし独立。
10年後の2015年に、現在の高砂に移転し現在に至ります。

TEL

最上部へ